<   2004年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
野人岡野
負ければナビスコ杯は絶望的な状況で始まった7・17市原戦!
我らのホーム、駒場スタジアムには1万8千人以上のレッズサポーターが集まった。

試合開始時には、去年のナビスコ決勝を再現したような、スタンド全体での赤・黒・白のボードを使った、ストライプの演出!もう一度国立の舞台に行こうという雰囲気が感じとれた。

しかし、試合のほうは、暑さもあってか、前半は単調に終わった。こんなんで平気なのかと正直思った。
後半は前半とは一転して、何度もチャンスがあった。でも決まらない。そうしているうちに、市原に一点取られてしまった。どうしても勝たなければいけない試合で先制点を取られるのは本当にきつい。そんな中、先制点で気が緩んだのか長谷部がすぐに一点を返した。
残りは10分。絶対にもう一点!残りの10分間のスタンドは物凄い熱気だった。

そして残り1分 途中出場の岡野がボレーシュートでゴールを決めた。

それはもうVゴール勝ちしたかのような感じだった。98年W杯を決めたジョホールバルでの試合を思い出した。

今年、神戸から浦和に戻ってきて、また彼は僕らに感動を与えてくれた。そしてまだまだ、喜ばせてくれるだろう。
[PR]
by redscolumn01 | 2004-07-20 14:00 | 観戦日記
Jリーグは地域密着
最近、地域密着っていいなぁ〜と思っている。
それは、プロ野球の合併問題をニュースで見る機会が多いからだ。
プロ野球はこれから、チーム数が減っていき、1リーグ制になるような事を聞くと、観戦する機会が減ることが予想できる。首都圏に住んでいる僕がそう思うのだから、地方に住んでいる方は、もっとだろう。きっと野球を見に行くことは、スペシャルな事になるのではないか。

それに比べ、サッカーのJ1リーグは来年また2チーム増えて、18チームになる。その下にはJ2リーグがあり、JFLもある。J1とJ2を合わせると28チームもあるので単純に考えて、試合数は多く、いろいろな場所で試合を行っている。だからナチュラルに観戦できるのではないか。

人気から考えればまだまだ野球の方があるかもしれないが、自分たちの生活の身近にあるものは、きっと自分の街にあるJリーグチームであり、
僕にとっては、そして浦和に住んでいる人にとっては「浦和レッズ」になる。
[PR]
by redscolumn01 | 2004-07-09 22:39 | 観戦日記